So-net無料ブログ作成
検索選択
70年代アイテム ブログトップ

ポルシェ 911カレラ [70年代アイテム]

お次は西ドイツ車、ポルシェ911カレラです。
初代911をモデルとしたWiking製品を、2代目930型ターボ 1977年式っぽくしたいと思います。DSC01960.JPG

こんなもんか。。DSC01961.JPG


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

フェラーリ 512BB [70年代アイテム]

巨匠ピニン・ファリーナがデザインを手掛けた、フェラーリ 512BB
とおぼしき車、完成とします。DSC01840.JPGDSC01841.JPGDSC01842.JPGDSC01843.JPGDSC01844.JPG

ではまた。


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

フェラーリ 512BB [70年代アイテム]

お次は、フェラーリ 512BB  と思われる車を作成します。
コレつくったらテツに戻ります(^^;)DSC01830.JPGDSC01831.JPG

造形作業ようやく完了。DSC01832.JPGDSC01833.JPG

まこんなもんで。


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ロータス ヨーロッパ [70年代アイテム]

1972年登場 ロータス ヨーロッパ スペシャル! のような車の完成です。
黒豹と、モータースポーツでの英国ナショナルカラー、ブリティッシュグリーンとしました。DSC01816.JPG

並べる百円玉はいつもの昭和50年ものですwDSC01817.JPGDSC01818.JPGDSC01821.JPG

ではまた。


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ロータス ヨーロッパ [70年代アイテム]

スーパーカーシリーズ第6弾 ロータス ヨーロッパ です。
削るって楽しいwDSC01810.JPG

少しかたちになってきました。 次はルーフ部の造形です。DSC01811.JPG

 屋根とり付け完了。DSC01812.JPG

ヨーロッパ スペシャル の塗装に挑戦です。DSC01814.JPG

ベタ塗り完了。 よく乾かしクリアーを吹きます。DSC01815x.JPG


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ランボルギーニ ミウラ [70年代アイテム]

今年最後のモケーいじりは、ミウラっぽい車の塗装です。
実車のデザイナーはマルチェロ・ガンディーニであります。DSC01804.JPGDSC01805.JPGDSC01806.JPGDSC01807.JPGDSC01808.JPG

来年もひとつよろしゅう m(__)ノ


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ランボルギーニ ミウラ [70年代アイテム]

販売店にまだ7、8台置くスペースがあるので、
ランボルギーニ ミウラ でも作ってみます。
まずはXXをいつもの形に。 こっからが大変です。DSC01800.JPG

DSC01801.JPG

まこんな程度で、三浦くん。DSC01802.JPGDSC01803.JPG

色はやっぱ黄色と赤やな。


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

スーパーカーショップ [70年代アイテム]

架空のスーパーカーショップ「ストラトス」です。
当ブログの時代設定は70年代後半。高度経済成長期後、バブル期前といった頃。為替レートは1ドル260円程で今よりはるかに円安ですが、変動相場となるプラザ合意(1985年)前ですのである意味安定していた時代。この頃の高級外車輸入貿易商は円安の状況下、今よりリスクがあったことでしょう。 現在の需要を完全に無視した供給過剰により物があふれかえっている超デフレでお金も増やさないとならないあり様の今とは異なり、魂、精神のやどる物を見て感動できた時代であったかと思います。。DSC01702.JPGDSC01701.JPGDSC01703.JPGDSC01704.JPG

実際、京成関屋近くに「ストラトス」という名の自動車メンテナンス店がありますwDSC01709.jpg


コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ランチア ストラトス [70年代アイテム]

塗装完了。 モンテカルロラリー仕様と、市販車ストラダーレのつもりであります。DSC01440.JPGDSC01441.JPGDSC01443.JPGDSC01444.JPGDSC01445.JPG


コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ランチア ストラトス [70年代アイテム]

カウンタックと同じ、マルチェロ・ガンディーニがデザインした車で、ディーノのV6エンジンを搭載し、当時WRCを、ランチアワークスラリー車として活躍しました。 かの有名なアリタリアカラーでWRCを出場した期間は意外と短く、1975年~1977年のわずか3年間のことで、当ブログの設定時期と重なることから1/150再現に挑戦してみます。DSC01360.JPG

テキトーなGMの床下部品をくっつけますwDSC01361.JPG

この車体形状は、スーパーカーというよりスーパーバギーといった感があります。DSC01362.JPGDSC01363.JPG


コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

日本ハム [70年代アイテム]

ファイターズが価値あるリーグ優勝を果たしたので、ちなんだアイテムでも。
ネットでみつけた、当時西日暮里駅ホームから見えた広告看板を作成してみますw    DSC01230.JPG

塗装し、ビルに設置してみました。    ん? へんなのいる。。DSC01231.JPG

日ハム初代マスコット、ギョロタンのビラ配りでしたwDSC01232.JPG

その昔、某新聞社から巨人戦、近所の肉屋からは日ハム戦の後楽園球場外野席招待券を貰うことができ、よく後楽園へ観戦に行ったものです。1981年には本拠地が同じだったこの両チームが優勝し、全試合後楽園で日本シリーズを戦ったことをいまだに覚えています。今年の日本シリーズでは、このカードが再びみることができるようです。

◇追伸◇ 第6戦中田翔の同点の一撃は痺れたねー!!


コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

フェラーリ ディーノ [70年代アイテム]

ディーノ塗装完了です。
当時、「ディノは、フェラーリではない」 などとよく耳にしました。今ではフェラーリ初のミッドシップエンジン市販車ということになっていますが、6気筒エンジンのため、1968年登場時フェラーリのエンブレムは与えられていませんでした。DSC01210.JPGDSC01211.JPGDSC01212.JPG

男: ディーノ レッカーする??
婦人警官: ・・・関係ないですよねぇ。DSC01213.JPG

以上


コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

フェラーリ ディーノ [70年代アイテム]

カーコレ改造もう一回続けます。
マルチェロ・ガンディーニ、 ジョルジェット・ジウジアーロとくれば、お次はカーデザイナーの巨匠、今年7月に他界されたセルジオ・ピニン・ファリーナが手掛けた フェラーリ ディーノ を作成してみます。

種車はフェアレディZで、まずプラ材でこんな形にしてから削り出していきます。DSC01200.JPG

カエルっぽく カエルっぽくwDSC01201.JPG

1台は1971年に登場した、タルガトップの246GTSにします。DSC01202.JPG

DSC01203.JPG

1コ150円程度の品で結構遊べます。
コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ロータス エスプリ [70年代アイテム]

初代エスプリ(S1)がデビューしたのは1975年で、ボディーをデザインしたのはジョルジェット・ジウジアーロ。カウンタックをデザインしたマルチェロ・ガンディーニと同い歳。エスプリの洗練されたシンプルな形状を新しく感じた時代が確かにあった!と思います。
DSC01054.JPGDSC01055.JPGDSC01056.JPGDSC01057.JPG

ベンベケベンベーーベンベンベン♪  ベンベケベンベーーベンベンベン♪


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ロータス エスプリ [70年代アイテム]

スーパーカーシリーズ第2弾!
ロンドンオリンピックですので、英国車(1977年式) でも作成してみます。DSC01050.JPG

1台はボンドカーにして、ショップの客寄せ用としましょう。DSC01051.JPG

内装がブリティッシュグリーン&タータンチェック仕様があるようなので
ちょっと真似てみます。

DSC01052.JPG

・・・あれ。。(汗)DSC01053.JPG


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ランボルギーニ カウンタック [70年代アイテム]

カウンタックっぽい車、一旦完成とします。
第2次世界大戦後、イタリア軍が放出したトラックの一般車両改造販売や、トラクター事業で大儲けをしたフェルッチオ・ランボルギーニが、自動車産業に転じたのは1962年のこと。それから約10年後の1971年に発表した、カウンタックはその革新的なデザインから世界中に大反響を呼びました。車体デザインを手掛けたのは、ベルトーネデザインのマルチェロ・ガンディーニ。当時32歳。DSC01005.JPGDSC01006.JPGDSC01007.JPGDSC01008.JPG

いつかレイアウト上に、当時よく見かけたスーパーカー販売店を設置する予定。


コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ランボルギーニ カウンタック [70年代アイテム]

70年代後半、空前のスーパーカーブームが巻き起こりました。
私は小学校3、4年の頃でしたが、影響して漫画サーキットの狼や、スーパーカー消しゴムなども流行ったことを知る人は多いのではないでしょうか。当ブログではちょうどこの頃を時代設定しいますので、時代反映として、スーパーカーの代表車種、カウンタックっぽい車を作成してみます(笑)

まずは、種車トヨタセリカXXを石川五右衛門ばりに一刀両断。DSC01000.JPG

車幅を拡げます。DSC01001.JPG

いや、想像した以上に大変。。。(汗)DSC01002.JPG

この程度としましょう。。 1台はLP400とします。DSC01003.JPG


コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

金八先生 [70年代アイテム]

ここの土手は、この番組のロケ地となったことで知られています。
金八先生Ⅱ(1980年)のイメージでwDSC00720.JPG

おっと。 加藤が何かしでかしたんでしょうか。。DSC00721.JPG

よく見るとナイナイの岡村に見えてくるような。。w


コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

タクシー [70年代アイテム]

荒川が手つかずなので、以前作成した、都内で古くから見られるタクシー3種を掲載します。 手前から、チェッカーキャブ・東京無線タクシー・日本交通タクシーのつもりです。フェンダーミラーも再現してみました。DSC00494.JPG


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

日本通運トラック [70年代アイテム]

もともと日本通運は1930年代の戦時中に、戦時物資等を運ぶ物流基幹として国営企業で発足し、このことから国鉄との結びつきが強く、全国の貨物駅に荷物取扱所が設置され、国鉄の貨物輸送が盛んだった1970年代後半頃までには全国各地の貨物駅でこの日通カラーを見ることができました。 当時、北千住にも貨物駅と日通がありました。

いすゞTXD-ADSC00064.JPG

三菱ふそうFU ・日野ZM/TCDSC00065.JPG

日野HE+フリードライ40ftDSC00066.JPG


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

警視庁パトカー [70年代アイテム]

70年代ということで、赤色警光灯は現在主流となっている散光式ではなく回転式。製品の車体には "警視庁" と書かれています。警察の組織は警視庁と警察庁に分かれ、その管轄は警視庁は東京都、東京都以外では警察庁となっているとのこと。これに伴い、東京都のパトカーには "警視庁"、 その他では "○○県警" などと標記されているようです。北千住駅大踏切近くの千住警察署もモジュール化してみたいところ。

トヨタクラウン/日産セドリック/etcDSC00057.JPG


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

京成電鉄バス [70年代アイテム]

70年代後半を時代設定していますが、当時京成バスは京成電鉄直営で運営していました。製品はこの頃活躍していたもので、車体には "京成電鉄" と標記されています。現在は分社化され組織的に独立し、京成バスとなっています。かつては南千住駅・北千住駅にも乗り入れていました。

1972年製 西日本車体工業製ボディDSC00112.JPG


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東京消防庁消防車・救急車 [70年代アイテム]

製品に標記されている "東京消防庁" は東京都庁の内部機関で、国の行政機関である総務省消防庁とは異なる組織。総務省消防庁は防災政策の立案・基準策定等を行い、実際の消防活動は江戸時代の火消し組の頃から、地方公共団体によって行われているとのこと。庁をつけているのは東京都だけで、他道府県は消防本部・消防局という名称になっているようです。救急隊が消防に属しているのは、効率的運用・経費面からとのこと。
DSC00062.JPG


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東京都清掃局事業用車 [70年代アイテム]

70年代の千住界隈ということで、東京都の木であるいちょうをデザインした、通称 "いちょうマーク" が標記されていたタイプ。数台はゴミ収集中のハッチが開いた状態に改造するか。

いすゞエルフ清掃車DSC00044.JPG


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東京都交通局バス [70年代アイテム]

70年代後半の東京ということで都営バスはこれら。いわゆる "美濃部カラー" というタイプ。当時の都知事、美濃部亮吉の在任期間中(1967~1979)にカラーリングが採用されたことでこう呼ばれています。観光バスの方は製品として1960年代に流行した色調がとてもよく表現されています。都営バス南千住営業所もモジュール化する予定。

1968年製 日野RE100 帝国自動車工業製ボディ
1965年製 日産ディーゼル4R 富士重工製ボディDSC00045.JPG

1972年製 いすゞBU04 川崎重工業製ボディDSC00049.JPG

1971年製 三菱ふそうMP117K 新呉羽車体製ボディDSC00052.JPG

都営観光バス 
1966年製 いすゞBU15P 川崎航空機製ボディ 通称:オバQDSC00053.JPG


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
70年代アイテム ブログトップ