So-net無料ブログ作成
営団千代田線 ブログトップ

北千住~綾瀬 [営団千代田線]

KATOから営団6000系が製品化されたのでちょっと撮影を。DSC01930.JPG

実車の画像。DSC01931.jpg

クロも発売されました。 いいね Made in Japan!DSC01932.JPG

左の照明塔によじ登り撮影すると、、DSC01933.JPG

DSC01934.JPGDSC01936.jpg


コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

北千住~綾瀬 [営団千代田線]

堤防部作り込みがまだですが、モジュールを拡張します。河川側を作るのではなく、北千住駅方面へ進みます。まずは方向を調節します。
DSC00500.JPG

カーブ、橋の見え方、まぁイメージに近いかな・・・
左の穴は営団千代田線の地下出入口用です。DSC00501.JPG

当時、川の手前まで貨物の引き込み線がありました。DSC00511.JPG

KATOが意表をついて、東京メトロシリーズを打ち出してきたので、
今後この手のレイアウトを作る人が増えるのではないでしょうか?DSC00502.JPG


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

小田急9000形 [営団千代田線]

西日暮里~綾瀬間は東京メトロ(旧営団地下鉄) の管轄ですが、通過連絡運輸の関係で駅案内板等には常磐緩行線と表示されています。この路線に小田急線との総合乗り入れが開始されたのは1978年3月のことでした。 これにより下町にオール冷房完備で上品な雰囲気が漂う車輌が出現するようになります。 都心方面から北千住を出るとすぐ地下線区が終わり、荒川を渡り綾瀬までの短い区間、地上にてその姿を見ることができました。
今回乗り入れ開始当時のジャンパー栓を使用していた仕様にプチ改造してみました。後年ジャンパー栓は廃止され、通電端子付きの連結器に更新されています。 この前面デザイン、当初東急車輌が東急8500系に採用するため設計されていたそうです。DSC00248.JPG


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
営団千代田線 ブログトップ