So-net無料ブログ作成
検索選択
国鉄常磐線 ブログトップ

ナハ21 [国鉄常磐線]

お次は、常磐20系で厄介な、急行十和田のナハ問題に着手します。 まともには改造せず、切り貼りで済ますことにします。
DSC01950.JPG

切り貼り完了。 次にモリタ青15号タッチアップ実験に入ります。DSC01951.JPG

海側:ナハ ナハ ナハ。
実車は1977年~1979年に、幡生工場・高砂工場で、A寝台車から座席車に改造されたようです。DSC01952.JPG

山側:ナハ ナハ ナハ。
この当時、せんだみつおという男がよくテレビに出ていました。DSC01953.JPG

やはりいまいちでしたので気が向いたらパテ埋め、部分吹き付け塗装を試そうと思います。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マニ20 [国鉄常磐線]

お次はマニ20です。 (しれっとはじめますw)
70年代前半に側窓設置工事がされ、秋田鉄道管理局秋田運転区(秋アキ)で、あけぼの・ゆうづる と共通運用をしていた頃の姿を再現します。といってもアキバクロポの適当な窓パーツをはめ込むプチ改造。
☆ 鉄道ファン 1995年6月号 ☆DSC01940.JPG

源さん: 初期形にも明かり窓つけるぞ。DSC01941.JPG

手持ちのKATO解放テコ付きナックルと、先日発売された「日本海」Assyを装着、床下を黒く塗り、そして秋田区仕様ピンクバックサインな「ゆうづる」にしてみます。DSC01942.JPG

一応完成です。 
晩年を同じ秋田区で過ごしたカニ22との並び。 カニ22「あけぼの」は、KATO 028182 バックサイン カニ22/25用 を使用。ローマ字部分が正しく紺色となっています。DSC01943.JPG

実車、全長17.5mの20系初代電源車は、1・51・52号機3輌のみの製造で、量産はされませんでした。1977年全廃。DSC01944.JPGDSC01945.JPG

では、またいつの日か。


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

曲弦トラス橋 [国鉄常磐線]

思い付きで集めた材料でどんなんができるか。DSC01920.JPG

ゴッツイのが造れるとええがwDSC01923.jpg

まずはプラペーパーに、リベットメーカー試し打ち。DSC01924.JPG

曲弦トラス、UNITRACK から出してもらえないだろか ( ̄△ ̄)


コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

キニ55・キニ58 [国鉄常磐線]

FARBEの朱色4号を塗り、キニコンビ完成とします。
常磐荷物列車は、取手以北交流区間の関係で、コストのかさむ交直両用荷電の新造はせず、余剰ディーゼルカーから改造した荷物車輌で運用していたことが特徴となっていました。 キニ58は老朽化したキニ55の置換用として1978年にキロ58の改造で登場しましたが、ネオコン政策国鉄分割民営化の前段として、郵便荷物輸送が急遽廃止となったため、キニ55は1984年全廃、その置換用キニ58も1985年までの運用となってしまいました。DSC01910.JPGDSC01911.JPGDSC01912.JPGDSC01913.JPGDSC01914.JPGDSC01915.JPG


コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

キニ55・キニ58 [国鉄常磐線]

モジュール格闘しようと思いましたが、梅雨入りしてしまったのでキニ55改造でも。70年代後半に首都圏色に塗り替えられ、キニ58と編成を組んだ頃をモデルとします。
☆ 鉄道ピクトリアル 2009年5月号 ☆DSC01900.JPG

まず蟻の顔を、加糖します。DSC01901.JPG

寸法もろくに測らずフィーリングで感じるまま切った貼ったしておりますw
給油口なども切り継ぎしているのでベコベコ感がありますが、
キニ55ですので良しとしましょう。DSC01903.JPG

強引に2エンジン化wDSC01904.JPG

作り込み概ね完了とします。DSC01907.JPGDSC01909.JPG

お次は首都圏色塗装です。


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DD13 [国鉄常磐線]

ランボルギーニ、ロータス、フェラーリの次は、DD13ですw
KATOリニューアル製品、とうとう6機の配置となりました (^^;)
後期型リニューもよろしゅ m(__)ノDSC01850.JPG

源さんのコレいいですなぁ!!  発注するか( ̄ー+ ̄)

 

そしてそして!! 先日、千石工場長と契約を交わし、
源さん、ヤスさんからアンテナ台座を納品して頂きましたwDSC01851.JPG

源さん: SR方式だかんな。DSC01853.JPG

一気に田端区の13っぽくなり、エライ気に入っております!!
SEKKIさん誠にありがとうございましたm(__)m


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

エル特急 ひたち [国鉄常磐線]

現在おこなっている作業がなかなか進まないので、つなぎに昭和っぽい画像でも(^^)

ひたち2号 上野 10:06 17番線到着DSC01520G.jpg

ひたち3号 上野 11:20 10番線到着DSC01523G.jpg

当時は上り下りに関係なく、出発する順番に1号・2号・3号の号数が割り振られていました。上りと下りで同じ号が実質2本あり、これですと指定席発券時に間違えが起こることから、昭和53年10月2日ダイヤ改正から、下りを奇数、上りを偶数に割り振る形に変わりました。


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

寝台特急 ゆうづる [国鉄常磐線]

ネタもないので(^^;) 青森からの常磐線経由寝台特急でも。

ゆうづる3号 上野 6:00 20番線到着DSC01350.JPG

ゆうづる5号 上野 6:37 19番線到着DSC01351.JPG


コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DD13 [国鉄常磐線]

ランボルギーニ、ロータス、フェラーリの次は、DD13ですw
仕掛り初期型改造の続きで、連結器をKATOナックルカプラー化しました。
このKATO AssyパーツのL字部分を使い、上から釣り、固定する構造としています。DSC01220.JPG

DSC01221.JPG

当初、初期型に改造して委託販売で売り捌こうと目論んでおりましたが、
直後有井から製品化されてしまいました(~~) 
こうなったら北千住(貨)駅の他に、隅田川(貨)駅・田端機関区もつくるか!


コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

キハ58系 [国鉄常磐線]

屋根の塗装及び、Assyパーツの流用取り付け等を施しました。
前面運転台窓が細めの、引き締まった顔つきなKATO製品が個人的には好みです。DSC00830.JPGDSC00831.JPGDSC00832.JPG

急行ときわ・奥久慈のイメージです。前面幌付きは水戸方面、無しは上野側を向いています。常磐無線アンテナは大半が1エンジン水タンク床下形のキハ28に装着されていたようです。アンテナ有無、水タンク有無、冷房有無、亀クラー等でバリエーションがつきました。DSC00833.JPG

すす汚れグラデーションはまた追々。


コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

キハ58系 [国鉄常磐線]

KATO製キハ58の、主に屋上機器の改造をします。 まずはお決まりベンチレーター別パーツ化。DSC00820.JPG

穴が開いてしまうのでポリパテで一旦埋めます。DSC00821.JPG

そして、1962年に発生した三河島事故の対策により、この路線を走る車輌に装備された常磐無線アンテナを装着します。 アンテナはKATO EF80用、台座はBONA製。DSC00822.JPG

次回は塗装作業となります。DSC00823.JPG


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

お寺 [国鉄常磐線]

常磐線と伊勢崎線の間にある、某お寺さんの雰囲気で創りました。 石畳は追々挑戦!DSC00800.JPGDSC00801.JPGDSC00802.JPG


コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

堤道踏切 [国鉄常磐線]

久々の更新です。 今回は常磐線堤道(つつみみち)踏切の情景作りとなります。前述したとおり、この当時常磐線橋梁は架け替え前で、一級河川を渡るにはかなり低い橋となっていました。  ちなみに京成本線に至っては今だ嵩上げされていない状態で、国交省での治水事業に上げられてはいるものの、いつになることか。。
レイアウト、バラストや草の表現が結構難しいですね。 現在研究中。DSC00670.JPGDSC00671.JPGDSC00672.JPGDSC00673.JPG

70年代足立区女子高生は、スカートを超長くしないとだめですねw


コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

タキ43000 [国鉄常磐線]

以前、ハンブロール62番でグラデーションしたものを掲載してみます。
日本オイルターミナルは1966年に石油元売各社と国鉄の共同出資により設立されたとのこと。製品は、郡山駅常備と表記されている東北系モデルです。
DSC00630.JPG
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

野球グラウンド [国鉄常磐線]

情景づくりに入りました。手始めに河川敷の野球グラウンドの作成です。
タミヤテクスチャに、アクリルガッシュで調色したものを使用してみました。DSC00621.JPGDSC00622.JPGDSC00623.JPG

dtmagicttrさんアップの動画 思い出の国鉄(ひたち号) の1分10秒目で
ほんの一瞬このグラウンドが映りますw


コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

北千住~綾瀬 [国鉄常磐線]

レールは仮置きですが、ようやく常磐線の線路が橋から北千住駅構内に辿り着きました。実際この地域は、平常時でも荒川の水面より低い位置に家が立ち並んでいます。DSC00510.JPG

1979年のこの付近の航空写真。 赤線内を凝縮アレンジして再現しています。DSC00514.jpg

☆ 国土交通省 空中写真 ☆


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

401系 [国鉄常磐線]

北極S極・南極N極で知られる地磁気を観測する気象庁地磁気観測所が茨城県石岡市にあり1913年から観測がされているそうです。この観測には高圧の直流電流が障害になることがあるそうで、沿線を走る常磐線の電化に際しては影響の少ない交流電源が取手以北で採用されました。この経緯により交直両用近郊型電車401系が1960年に誕生しました。
今回有井製の401系を前面・屋根上機器等をKATO製に変える改造をしてみました。DSC00467.JPGDSC00468.JPGDSC00469.JPGDSC00470.JPG
コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

北千住~綾瀬 [国鉄常磐線]

今日はこんなものをこしらえました。 どこにでもあるミニガータ橋です。
DSC00448.JPGDSC00450.JPGDSC00453.JPG

早いとこ紙粘土をやりたいのですが、もすこし作成する構造物が残っております。。


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

荒川放水路 [国鉄常磐線]

伊勢崎線側の堤防ベース設置と、KATO単線高架線を複線用に改造。DSC00387.JPG

石垣・コンクリートブロックを適当に切り、法面(のりめん)に木工用ボンドで装着していきます。DSC00391.JPGDSC00393.JPG


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

荒川放水路 [国鉄常磐線]

今日はスタイロフォームをザクザクカットし、堤防作りです。DSC00364.JPG

空中写真風。
下の方、左から3番目の線路は、北千住貨物駅の貨車入れ替え用の引き込み線。当時、川のすぐ手前まで伸びていました。
DSC00367.JPG

河川敷に下りてきました。
橋台付近の土手は、GMのコンクリートブロックシートで覆う予定。
DSC00369.JPG


コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

荒川放水路 [国鉄常磐線]

鉄橋両端の橋台部分の作成と、単線用橋脚を複線用にする作業をしてみました。DSC00351.JPG

常磐線鉄橋、架け替えされる前の雰囲気を再現。 けっこう低いです。DSC00352.JPG

い、以上となります。 ( ̄▽ ̄;)


コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

583系 [国鉄常磐線]

屋根の塗装が完了です。
常磐線では東北本線全線電化完了時のヨンサントオ改正で投入され、
1972年春の改正からは3往復の「ゆうづる」が583系により運行されました。DSC00307.JPGDSC00306.JPG


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

583系 [国鉄常磐線]

今日は、エヌ小屋製ブラインドシートを切り出し、セロテで貼り付けてみました。DSC00294.JPG

半開きも簡単に再現できます。DSC00299.JPG

それとこんな治具を作り、ボディマウント式のKATOカプラーを装着してみます。DSC00301.JPG

Tomixのトイレタンクも削って瞬着で装着。DSC00302.JPG


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

荒川放水路 [国鉄常磐線]

塗装作業のやる気がでると天候が悪くなる。。 まぁ得てしてそんなものです。
千モジュ、北千住-綾瀬間に位置する一級河川・荒川放水路の再現計画を載せてみたいと思います。  さてこの付近の荒川は人工的に作られた河川であることをご存知でしょうか。 もともと荒川の下流は隅田川で、度重なる洪水水害の治水対策として、明治から大正にかけて大規模な巡回放水路を作り上げたものが今の荒川放水路になります。実に赤羽岩淵付近から東京湾までの距離の大工事です。 明治政府は大したもんです。

まずは市販品を並べただけのイメージを掲載。70年代ということで当然つくばエクスプレスは存在しません。またこの時期堤防の嵩上げ工事中で、まだ国鉄常磐線橋梁が再構築されておらず、他とは3m程低い旧鉄橋の状態となっています。
DSC00255.JPG

ということでまず、橋脚の高さは適当に調整しています。DSC00256.JPG

これは1974年のこの付近。 赤線程の面積に4複線を詰め込む、もどき再現プランとなります。DSC00257.JPG

☆ 国土交通省 空中写真 ☆


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

583系 [国鉄常磐線]

583の車体のできは個人的にKATOが好みなため、屋根はTomix製品に見劣りしないよう、ベンチレータを別パーツ化し、屋根と屋上機器の色を変えるなどしてグレードアップします。1つ切り取ったら、
DSC00236.JPG

全部取るしかありませんw カプラーもボディマウントとするため適当にカット。DSC00237.JPG

ところが問題発生。Tomixパーツ<PB-103>がとあるネットショップで注文できていたものの、後から実は在庫切れとの連絡あり。。。 他を探すもどこも売り切れ。 どないしよっと。

パーツ、リトルジャパン鶴見店にありました。 困った時のリトルジャパン鶴見店!
塗装はまた今度。DSC00241.JPG


コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

583系 [国鉄常磐線]

KATO 583系が再生産されたため、こんな時期ではありますが予約していた品を引き取ってきました。常磐線寝台特急「ゆうづる」を再現したいと思います。

常磐線の復旧、特にいわき(旧平)以北はめどがたたないようです。
新地駅周辺は津波により跨線橋が残るのみの状態で、依然列車は横倒しのままのよう。地球温暖化が原因と思われる海面上昇から、海岸の浸食を抑えていたこの地域の堤防が、今回の震災で決壊し、更に地盤が沈下したことから海水が引かない状況は報道で見るとおり。堤防改修後、復旧になると思いますが、今回の津波を想定すると堤防の規模はどうなるのか。それと福島原発の問題。大野-双葉間は原発から4Km程の地点を走ることから、この問題が収束しない限り、復旧工事に着手することすらできない状況。

原発問題で東京電力の責任を問われる報道をよく耳にしますが、個人的に違和感を感じます。そもそも原子力事業は国策によるもののはずで、60年代、池田勇人による所得倍増計画などと銘打った政策の中で原子力開発事業が推進され急成長は遂げるものの、その後70年代に入り世界を襲った意図的に起こされたオイルショックから原子力の必要性が高められ、その急激な意図的な変動の中で、急ぎ過ぎた原子力開発のリスク回避がお座なりとなった基本設計のツケを、不幸にも今の時代に支払わされることになったのだと感じています。
この国策の犠牲となり、死闘を続ける現場の作業員には深い敬意を捧げずにはいられません。これから先、管理しがたきものを管理していかなければならなくなった日本国。 高度経済成長以前の生活水準に戻すことの方がまだ簡単なのかもしれないとも感じるこの問題。 この原発の問題が悪化し続け、これ以上の悪夢をみることにならぬことを切に願います。。 70年代初頭、国内初本格営業を開始した福島第一原発。当時沿線にこの寝台特急も走り始めました。DSC00225.JPG


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DD13 [国鉄常磐線]

東北震災・福島原発の状況が大変気がかりですが、
仕事をはじめ平常を取り戻すことは重要なことだと思うので趣味も再開です。
DSC00222.JPG

KATOのリニューアルがありませんようにwDSC00223.JPG


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DD13 [国鉄常磐線]

今日もちょっと風があり、塗装作業はできそうもないので、
イエロートレインの改造パーツを使い、DD13初期型の作成に入ります。DSC00217.JPG

モールを削り取り、一灯式前照灯等パーツをボンネットに装着します。DSC00218.JPGDSC00219.JPG

はい完成! というのは嘘で、これは以前に作成したものです。DSC00220.JPG


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

401系 [国鉄常磐線]

ジャンク品から401系赤電を作成中。DSC00193.JPG

以前、同様にKATOの前面を使い初期型低運転台車は作成しています。
415系 との並び。DSC00194.JPG

私の場合赤13号は、西武ラズベリー+灰色9号+原色赤を調合してつくります。DSC00195.JPG


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
国鉄常磐線 ブログトップ